コンセプト

幸せな眠りへのカギ

  • KEY01
    太陽の光を浴びましょう
    睡眠に影響を与えている体内時計は約25時間リズムの為、睡眠リズムが後ろにずれやすい性質があります。
  • KEY02
    体温を上げるよう心がけましょう
    側生地や羽毛についた蓄積された汚れや臭いは、羽毛ふとんを劣化させて機能面や寿命を短くしてしまいます。
  • KEY03
    出来るだけ毎日軽い運動をしましょう
    ウォーキングやジョギング、簡単なところではストレッチや深呼吸も大切です。
  • KEY04
    食事はバランス良くしっかりとりましょう
    赤、白、黄、緑、黒の5色を彩りよく食べるようにしましょう。
  • KEY
    05
    15分前後のお昼寝をしましょう
    昼寝は深い眠りに入らないよう座った状態のまま、ウトウトしていることで効果があります。
  • KEY06
    夕食は寝る3時間前までにとりましょう
    眠るときに胃に食べ物が残っていると、脳と体に行きわたるべき血液が胃に集中してしまいぐっすり眠ることができません。
  • KEY07
    ぬるめのお湯で入浴しましょう
    38度前後のぬるめの入浴は活動モードからお休みモードへの切り替えには最適です。
  • KEY08
    アロマテラピーを活用しましょう
    ラベンダーやヒノキの香りはリラックス作用が多く効果的ですが、自分のリラックスする香りを探してみましょう。
  • KEY09
    寝返りしやすいシングを選びましょう
    睡眠の質にダイレクトに影響するのは寝具です。
    中でも体を支えるマットレス、枕はかなり重要なアイテムです。
  • KEY10
    肌ざわりを大切にしましょう
    目を閉じて視覚が遮断され聴覚が遠のき、嗅覚が弱くなり、最後まで働いているのが触覚です。
  • KEY11
    寝室は落ち着けるカラーで統一しましょう
    色によって感じるイメージが違うので、グレーやブルー、グリーンなど落ち着きのある色目を選びましょう。
  • KEY12
    遅くても12時までには眠りましょう
    深い睡眠中に分泌される成長ホルモンは別名‘美肌ホルモン’と呼ばれ、このホルモンが最も高まるのは夜10時~深夜2時と言われています。
  • KEY13
    ほほ笑みながら眠りましょう
    ほほ笑みながら眠りにつくことで気持ちも明るくなり、心身をリセットして新しい1日を迎える準備ができます。

当店のこだわり

ここから始まる快眠生活
豊かな眠りが私たちの商品です

4人に1人が「眠れないか身体がいつも疲れている」と睡眠不足を感じている現代。しかし実は「身体のための睡眠は5分の1だけで、そのほとんどが「脳のための睡眠」なのです。 脳が十分に休めていないと、心だけでなく身体も十分に休めたという満足感が得られないのです。
しかもその睡眠は、人生の3分の1を占めるほど。質の良い睡眠をとることによって、健康的で幸せな暮らしをおくることができるといっても過言ではないでしょう。上質な睡眠のためには、寝具選びは大切です。寝具はただ眠るための道具ではありません。上質な睡眠の鍵となります。 極上睡眠が心と体の”キレイ”を呼び起こす。季節感を取り入れたリネン、そしてもちろん身体に合ったマットレス。それらが集まって初めて自分だけの癒しの空間が生まれます。 健康的で幸せな日々を送るためにも、まずは寝具から上質な睡眠を得る空間づくりを始めてみませんか?

店長:鈴木雅大

美容と健康は快眠から。幸せの一番の近道です。

一日の始まりと終わりを迎えるふとん。
快眠を得ることはもちろん、自分をとりもどすための安らぎの空間が求められます。
こころもからだもときほぐす。
健やかなこころと、からだのリズムをつくる上質な眠りの為に本当の眠りを探しに来てみませんか?

スタッフ:鈴木鮎美

ページトップへ